京都府立植物園 夏の風物詩

京都府立植物園。風光明媚な加茂川の東岸にある京都人の憩いの森、四季の草花が咲き誇る花園。

今年で58回目の「朝顔展」(7. 28(金)~8. 1(火))は、早朝7時からの開園、京の夏の風物詩となっています。多様な朝顔が楽しめます。お好みの種の即売(3百円)もあります。同じく夏の花の向日葵、蓮や睡蓮なども見ごろでした。蓮が咲く池では、牛蛙の「ボゥボゥ」と発する低い鳴き声がありました。

 

特に昆虫好きのお子たちには、夏休みの良い想い出となることでしょう。

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内