天龍寺竹林の春

天龍寺。臨済宗天龍寺派の大本山。足利尊氏が後醍醐天皇の霊を慰めるため、1339年(暦応2)夢窓国師を開山として創建。室町時代の京都五山の第一位の禅寺。

 

今の季節、梅雨を前に竹林の青が冴えています。

最近、嵐山の竹の道では、孟宗竹への心無い落書きが問題となっています。自然を愛する日本人の心の理解からアプローチする必要があるかもしれません。

国際都市の古都京都観光もグローバル化の課題に直面しているようです。

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内