· 

天龍寺の花舞台の春

天龍寺(てんりゅうじ)。臨済宗天龍寺派大本山のお寺。ご本尊は釈迦如来さま、開基は足利尊氏、開山は夢窓疎石。南北朝時代、南朝・北朝として対立していた足利尊氏と後醍醐天皇。後醍醐天皇の霊を慰めるため、尊氏が夢窓国師を開山として建立、禅寺として京都五山の第一位。

 

嵐山や亀山を借景にした庭園「曹源池庭園」、法堂の天井の「雲龍図」など見どころの多く、

曹源池庭園内の多宝殿付近の枝垂桜も有名。桜と同時期にミツバツツジ、コブシ、木瓜なども見頃を迎え、園内は色とりどりで花舞台のようです。