Story · 2021/03/06
羅城門(らじょうもん)。朱雀大路の南端に位置し、北端の朱雀門と相対、平安京の正面玄関。 平安時代初期の頃から、様々な怪異談があったようで、ここで鬼に遭遇した人も多数あったようです。 平安京の月明かりのない夜は、漆黒の世界です。鬼などの魑魅魍魎が跋扈し、陰陽師も活躍した世界です。 肝試しを行う若者たちもいたことかと思います。...
Story · 2021/03/03
大津京町通りに事件現場を記す石碑が立っています。その脇に置かれた植木の花、誰のための供養でしょうか。 *********************************** ●大津事件:1891年に来日中のロシア皇太子ニコライが、警備中の巡査に斬りつけられ、軽傷を負った事件。 ●日本に緊張が走った事件。 ●海外皇族への暗殺未遂で無期徒刑(懲役)、事件後わずか4カ月余りで獄中病死。

Story · 2021/02/26
梅宮大社。京都梅津の地に鎮座する、四姓(源平藤橘)の1つの橘氏の氏神として知られる神社。子授け・安産の神として信仰され、また祭神の名から酒造の神としても酒にまつわる多くの神事が現在も行われています。 ちなみに、日本三大酒神の神社はこの梅宮大社と近くの松尾神社、そして大神(おおみわ)神社(奈良)となります。...
Story · 2021/02/25
日牟禮八幡宮。古くから近江商人の信仰を集め「近江八幡」の地名のもととなった神社。 日牟禮八幡宮境内に加え、新町、永原町通り、八幡堀沿いの町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定、時代劇などの撮影場所としてもよく使われ、風情がある街並みが保全されています。 これからの「近江八幡の水郷」巡りも桜が色を添えます。...

Story · 2021/02/24
安土城。織田信長の命で築城。高さ46mの壮大で絢爛豪華な天下布武(信長の天下統一事業)の象徴のお城。 1582年(天正10年)6月2日、明智光秀、本能寺の変の後、焼失、長年の間その外観が解らないまま時が経ち「幻の名城」と呼ばれてきました。...
梅と椿と苔の競演 春爛漫の世界 京都観光タクシー 英会話観光ガイド 永田信明
Story · 2021/02/23
城南宮。かつては鳥羽離宮の中心に位置。源氏物語の花の庭を再現したという美しい神苑があります。 京都御所の裏鬼門を守る方除の神と崇められてきたため、現在は、特に方除け・建築守護の神社として信仰を集めています。...

Story · 2021/02/20
京都御苑「出水の小川」、仄かな梅の香りを楽しみの三散策コース。夏は子供たちの憩いの場です。 江戸時代は、宮家などの邸宅が立ち並ぶ町でしたが、天皇さんが東の京にお遊びに行かれてから、邸宅は取り除かれました。 そして、今は京都人の憩いの場公園へと整備されました。 苑内には、百年を越える樹木などが育ち、少々、長いお遊びの時間が過ぎています。...
北野さんの梅香る季節 京都観光タクシー英会話ドライバー 永田信明
Story · 2021/02/15
北野天満宮。京都では「天神さん・北野さん」と呼ばれ、学門の神様、菅原道真公を祭る神社です。 白梅、紅梅が香るこの季節、コロナ禍でも受験生、親御さんら祈願や御礼詣出に訪づれています。 今年の冬は寒かった分、一気に春がきた感があります。 今年の干支は「丑年」。京都では北野さんと貴船神社が「丑年」にまつわる神社です。...

Story · 2021/02/13
湖南三山(こなんさんざん)、天台宗の古刹『長寿寺』『善水寺』『常楽寺』。 比叡山の麓にあるこの三山は、延暦寺ゆかりの歴史ある天台宗のお寺で、多くの国宝を有する古刹です。 長寿寺は「東寺」と呼ばれ親しまれ、本堂は国宝 善水寺は宮殿風の本堂が国宝、堂内には重要文化財に指定されている仏像が、数多く安置...
Story · 2021/02/10
大池寺(だいちじ)。滋賀甲賀市水口町名坂にある臨済宗妙心寺派の禅寺。 滋賀でも随一とされる小堀遠州作の「蓬莱庭園」で、サツキの大刈り込みが見事な枯山水で江戸初期のもの。 5月から6月のサツキの見頃を迎えると見る者の言葉を奪う絶景となります。 さて禅寺特有の理屈ぽさが所々に出ている点をどう感じるか、まだまだ修行不足のようです。...

Show more