京都観光タクシー 永田信明 Nobusan
13. December 2018
古刹、石山寺と三井寺。石山寺は蜻蛉日記、更級日記、枕草子などにも登場し、紫式部は、石山寺参篭の折に源氏物語の着想を得たとする伝承もある古典文学愛好家のメッカです。 近江八景、母なる湖・琵琶湖畔、歴史の舞台となった近江国の面影が残るエリアです。

09. December 2018
敦賀ムゼウム。2008年3月に開館した「人道の港敦賀ムゼウム」。1920年にシベリアで救出されたポーランド孤児や1940年のナチスから逃れたユダヤ人難民が、リトアニア領事代理杉原千畝((すぎはらちうね)、「東洋のシンドラー」とも呼ばれる日本の外交官)が発給した“命のビザ”を握りしめ、敦賀港に上陸したことに関連して展示。杉原千畝の生の声や“命のビザ(複製)”も展示。 自由と命の原点を考えることができる場所です。

09. December 2018
永平寺。福井永平寺町にある曹洞宗大本山。今から約800年前の寛元2年(1244年)、道元禅師によって開創された出家参禅の道場。禅寺ならではの山門(さんもん)、仏殿(ぶつでん)、法堂(はっとう)、僧堂(そうどう)、庫院(くいん)、浴室(よくしつ)、東司(とうす) の七堂伽藍(しちどうがらん)が建ち並んでいます。...

07. December 2018
醍醐寺。山上から麓まで、広い寺域のある真言宗醍醐 派総本山で、山号は醍醐山(深雪山とも)。 伽藍エリア内にある弁天池は紅葉が多く、弁天堂と一体となった姿が大変美しく格別。 「醍醐の花見」を催した豊臣秀吉は、その年の秋に醍醐寺で「モミジ狩り」を約束し、楽しみにしていたが果たせなかったと云うことです。

01. December 2018
小塩山大原院勝持寺。西山の麓にある天台宗の古刹で寺伝では白鳳年間の創設。ご本尊は薬師如来さま。西国薬師四十九霊場第四十二番札所。 境内には数多くの桜が植えられ“花の寺”とも呼ばれ、春の桜の名所の一つですが、紅葉も見事です。

30. November 2018
善峯寺。大原野にある善峰観音宗(天台宗系単立)のお寺。山号は西山。西国三十三所第20番札所。境内から京都市街や北東にそびえる比叡山を一望できます。 山の斜面に多くの堂塔伽藍が立ち、その隙間を紅葉が埋めつくしています。 一部は、散り紅葉の絨毯となっていました。

30. November 2018
光明寺。長岡京市西山の麓、粟生にある西山浄土宗の総本山。法然上人が初めて「念仏」の教えを説いた地で、御影堂の裏には法然上人が眠る御本廟があります。 春の桜や紅葉の名所としても広く知られています。まもなく、今年も残り1ヶ月となります。

29. November 2018
三室戸寺。宇治市にある本山修験宗の別格本山。山号は明星山。本尊は千手観音さま。西国三十三所第10番札所。 初夏の紫陽花の花で有名な池泉回遊式庭園の「与楽園」ですが、とても広いお庭ですので紅葉の名所でもあります。

26. November 2018
妙心寺。臨済宗妙心寺派大本山。臨済宗寺院約6,000か寺のうち、約3,500のお寺を妙心寺派で占め、財政的にはかなり苦難で節約に徹し、合理化した運営に徹底したことから「算盤(そろばん)づら」と言われます。 その塔頭の一つが退蔵院。妙心寺第三世・無因宗因(むいんそういん)が開山。初期水墨画の代表作の如拙(じょせつ)筆の国宝「瓢鮎図」を所蔵。...

25. November 2018
真言宗泉涌寺派、西国三十三ヶ所/第十五番札所。厄除け・開運のお寺として、観光客だけではなく多くの巡礼者でも賑わいます。本堂には空海作と伝える十一面観音像を安置。 東山の麓にあり、秋が深まる中、密教ならではの幽静な聖域・霊場です。...

Show more