Story

Story · 2022/04/25
赤穂浪士の家老、大石良雄(大石内蔵助)が隠棲した場所と伝えられ、大石寺とも称されるお寺。 本堂には、ご本尊の周りに赤穂浪士・四十七士の位牌が並べられ、また、大石良雄が使用した文机や鍵付き貴重品箱などの遺品が保管、展示。 享年45。亡骸は主君・浅野長矩と同じ泉岳寺に埋葬。法名は忠誠院刃空浄剣居士。 ************************************...
Story · 2022/04/13
山科神社。今から1200年も前に創建、近隣には赤穂浪士にゆかりのある大石神社や岩屋寺の南隣に建つ静かな神社です。 車で拝殿の場所まで行くことが出来ます。 奥には全国にある有名な神社大社の小さな宮が今にも朽ち落ちそうな形で残り、ここだけ時が止まったかのようパワースポットです。 ************************************...

Story · 2022/04/10
禅寺・妙心寺退蔵院。方丈と方丈と隣接する狩野元信の作と伝えられる枯山水のお庭や昭和の庭師・中根金作の池泉回遊式庭園、余香苑があります。 余香苑の入口前には、枝垂桜の古木があり、満開となりました。 「そうだ 京都、行こう。」のキャンペーンにも取り上げられた桜、上から見ると「ハート」の形をしています。...
Story · 2022/03/06
京都人憩いの場として、京都御所、北野(天満宮)さん、梅小路公園などがあります。 春の陽気の中、仄かに香る梅の花を楽しんでいました。 本格的な春に向け、三寒四温も緩みながら進んでいく時期となりました。 今年の桜開花日はどうなるでしょう。今年は寒かった分、今から楽しみです。

#六金色旗 #ukraina #StandWithUkraine Nobusan KyotosightsTour taxi
Story · 2022/03/05
お西さん(西本願寺)の南隣にある興正寺の梅です。 三門の内に紅白の梅の花があります。 現在の世界情勢の中でも、自然はおめでたい色合いの春を告げてくれます。 世界に希望と幸福を祈念いたします。 一切皆成、合掌 **************************** ●興正寺(こうしょうじ)、真宗興正派の本山。親鸞上人が建暦2年(1212)に京都の山科に一宇を草創したことが起こり。...
Story · 2022/03/02
北野さんには、コロナ禍においても合格祈願や御礼のお参り姿が見受けられます。 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 やや暗雲が立ち込める世界情勢ですが、それでも春が来る。梅香るなか、明るい未来を祈願しました。 ****************************...

Story · 2022/02/27
大仏師松本明慶師。一切衆生悉有仏性、「生かされている」御仏の心を謹刻する大仏師。 仏像工房の造形プロセスを知ることで、生かされている私たち、自分の心の奥底を覗く良い機会になるかと思います。...
Story · 2021/12/15
竹林寺。朱塗り山門の竹林寺、「赤門の竹林寺」「あかちく」とも呼ばれています。 尊王攘夷運動に奔走した平野国臣、三条小橋の池田屋騒動で新撰組に捕えられた古高俊太郎ほか勤皇志士37士が眠るお寺。 元治元年の夏、京都御所での蛤御門の変による兵火の中,囚人の逃亡の恐れを名目に幕吏によって未決のまま斬首。...

Story · 2021/12/15
安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)。境内には男女など人間関係のほか酒、ギャンブル、病気と云った「悪縁」を立ち切りたいと願うお札や絵馬が多数奉納、究極の「縁切り神社」として有名です。 境内は多くの参拝者の方々の思いもあり、とても霊が強いパワースポットのような場所です。...
Story · 2021/11/26
妙満寺。枯山水の名園「雪の庭」で名高い京都洛北のお寺。冠雪した比叡山を借景とする庭。 山門の正面に本堂があり、その傍らにある異国情緒の漂う仏舎利大塔の存在感は圧巻。 寺の歴史は古いですが、この岩倉の地に移転したのは昭和43年(1968年)。 額縁庭園としても魅力のある名刹です。...

Show more