祇園祭さき・あとまつり

祇園祭は疫病退散を祈願する八坂神社の神事。古来、神事の中心となる7月17日の神幸祭(しんこうさい)と7月24日の還幸祭(かんこうさい)にあわせて、7月17日に前祭(さきまつり)の山鉾巡行、24日に後祭(あとまつり)の山鉾巡行をすることが習わしになっていました。
昭和41(1966)年に合同化されてからおよそ50年ぶりに、2014年から復活。ちなみに「後の祭り」の語源は、後祭(あとまつり)から由来するとも云われています。

 

京の夏は祇園祭前祭(さきまつり)を経て、梅雨明けです。今年は台風通過でひやひやしました。