京の地酒・Let's drink to Cool-Japan, Cheers !

日本各地、米処にはその地の水と風土に育むまれた銘酒が数多くあります。

京都にも伏見を中心に著名な酒蔵が多く集約しています。今回は京都の洛中の酒蔵のご紹介します。

 

「松井酒造」

江戸時代(享保11年)創業で、左京区吉田の蔵元。錦々と約300年。

代表銘柄「富士千歳」。

 

「佐々木酒造」

1893年(明治26年)創業で、上京区日暮通椹木町の蔵元。代表銘柄「聚楽第」。

また、大徳寺門前に店を構える酒屋さんにこの酒蔵が仕込んだ大吟醸、大仙院・尾関和尚さまが命名した「雪紫」も美酒。俳優・佐々木蔵之介さんの実家。

 

ウイスキーも世界を凌駕。日本人の繊細な質へのこだわりと高度な技術の賜物。これを成し遂げられるのは、何よりも日本人の厳しい舌や食文化のこだわりがあると云われています。

 

今宵もクールJAPANに乾杯!

地元の酒を地元の食材を肴にして一献するのがやはり一番でしょう。

「ふるさと納税」で銘酒を探すのも楽しみの一つとなりました。

                           松井酒造・利き酒
                           松井酒造・利き酒