Posts tagged with "観光コメント"



Story · 06. July 2019
天龍寺。臨済宗天龍寺派の大本山。室町幕府初代将軍足利尊氏が後醍醐天皇の霊を慰めるため暦応2(1339)創建、開山は夢窓国師。 室町時代の京都五山の第一位。池泉回遊式庭園の曹源池(そうげんち)庭園は、当時の原型を残すもので、亀山と嵐山を借景とした庭は、壮大にして優美です。
Story · 16. June 2019
旧大乗院庭園。奈良ホテルに隣接した庭園。室町幕府の八代将軍足利義政に重用された作庭の名手、善阿弥(ぜんあみ)とその子が、京都から招かれて改修されたものです。没時は97歳と長寿で、晩年の善阿弥が病床に伏した際には、義政は使者を遣わして見舞い、高貴な薬を届けたとも云われています。...

Story · 01. June 2019
平安神宮。.平安遷都1100年を記念して明治28年(1895年)に創建。京に遷都を行った桓武天皇と平安京最後の天皇、孝明天皇を祀っています。明治維新となり、天皇さんが京を一時的にお去りになり、その後、京都博覧会のメインパビリオンとして建設された神社です。 神社には池泉回遊式の日本庭園「平安神宮神苑」があり、池の草花が映えてきました。
Story · 23. May 2019
祇園の脇道に入ったお茶屋「丸梅」さん。少し前までは「一見さんお断り」のお店でしたが、身近なお茶屋さんを感じてほしいとのことで、電話予約を入れれば一見さんでも楽しめるお茶屋です。...

Story · 04. May 2019
峰定寺(ぶじょうじ)。鞍馬の奥のまた、奥にある本山修験宗のお寺。本山修験宗は、天台宗の流れをくむ修験道の一派で聖護院が総本山。 山号は大悲山。ご本尊は千手観音さま。開基は観空西念で。12世紀に開創された修験道系の山岳寺院。冬季は門を閉じるほどの豪雪地帯です。...
Story · 28. April 2019
天龍寺。嵯峨天龍寺芒ノ馬場町(すすきのばばちょう)にある臨済宗天龍寺派大本山のお寺。山号は霊亀山。ご本尊は釈迦如来さま、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は造園の設計にも優れていた夢窓疎石。足利将軍家と桓武天皇ゆかりの禅寺として京都五山の第一位。...

Story · 26. April 2019
京都迎賓館。平成成17年4月に開館。せっかくの京都市民の憩いの場の京都御苑が狭くなったのは残念ですが、雅な世界感がある外国のお客様をおもてなしする場としては、世界にも誇れる建物です。 令和の時代も、引き続き、外国のお客様を中心におもてなしをすることとなります。...
Story · 22. April 2019
黒田の百年桜。京北町の黒田・春日神社にある樹齢3百年以上の古木と云われます。京北の山里桜のエピローグです。 そして、ゴールデンウィークの頃はシャクナゲの季節です。藤の花の季節へと進みます。空気も美味しく、これからは新緑がまばゆく映えてきます。

Story · 13. April 2019
嵐山。風光明媚な京の代表的な風景です。また、嵐山の支峰・岩田山にある野猿公園では野生ニホンザルが130頭余り自然の状態で観察できます。 今年に入って蹴上インクライン近辺で、親子猿の親猿にかまれる被害がでています。ペットではなく、野生であることをお忘れなく。 野猿公園から京都市内が一望できます。
Story · 12. April 2019
原谷苑。京洛北原谷にある個人所有のさくら苑。啓翁彼岸桜、薄墨桜、紅、円山、醍醐しだれ桜、染井吉野桜などの様々なサクラに加え、馬酔木、ミツマタ、みずき、椿、わび助、吉野ツツジ、ぼけ、山吹、連翹、雪柳などの春の花木も、順次、咲き乱れる庭園です。 入苑料は、面白いことに見頃によって価格が変わる変動制。最高料金1,500円。...

Show more