花園の花の寺

法金剛院(ほうこんごういん)。右京区花園、律宗のお寺。山号は五位山。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は待賢門院。夏季の法金剛院は浄土に咲く「蓮の花」で有名なお寺で、蓮が開花する早朝から拝観できます。

 

境内に『仏手柑』がありました。字のごとく、果実の形が手の指の形に似ており、千手観音を思わせるところから由来。インド東北部原産。

初めて見る人が一度観ると、決して忘れる事が出来ない、神秘的な形状として頭に残り、加えて甘く濃厚な香りもあり、観賞用として正月飾りや盆栽、生け花にも珍重されます。

幸運をもたらす縁起ものの代表格です。

 

夏季だけでなく、いつ訪づれてもお花があるお寺です。紅葉は見ごろでした。

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内