五山別格 南禅寺

南禅寺。臨済宗南禅寺派大本山。山号は瑞龍山、本尊は釈迦如来、開基は亀山法皇、開山は無関普門(大明国師)。日本最初の勅願禅寺で、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いで、禅寺のなかで最も高い格式を持つお寺。

三門の二階へも上ることができますので、見晴らしをお楽しみください。

 

琵琶湖疏水の水路閣の最奥にひっそりと佇む「最勝院(高徳庵)」。寺名からは偉い警察庁長官のような塔頭(たっちゅう)ですが、ここは古くより勝運の神として知られた場所と伝わります。

本堂前の庭園は晩秋の紅葉が美しい隠れスポットです。

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内