柔軟で器用な狛犬 宗忠神社

神楽岡宗忠(むねただ)神社。吉田山麓にある黒住教教祖(江戸時代に岡山今村宮で開いた教派神道)を祀る神社で、江戸末期の文久2年(1862年)にご鎮座。

東の真如堂と真正面に位置する場所にあり、朝日が昇るお日様を遥拝することを旨とする太陽神天照大神(あまてらすおおみかみ)を信仰の中心に置く教派。

 

ここの狛犬は岡山備前焼の逆立ちしたお姿。

普通、狛犬は、右が開口、左が閉口の阿吽(あうん)の対で聖域をお守りしていますが、この狛犬は、逆さ狛犬、両方共に後ろ足を蹴り上げた姿勢で、大きさもかなり大型。

 

このお姿、踊っているお姿を捉えたものか、あるいは邪気に対してより威嚇したお姿なのか、よく分りませんが、ふと・・・思い出しました。

 

あれは、先日、公園で見かけたお姿ではないか。

飼い主さんに「器用ですね」とお尋ねすると「後ろ足が濡れるのが嫌いなようです」とのこと。

小型の几帳面なワンコでした。

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内