秋の長雨 西芳寺

西芳寺、通称、苔寺。臨済宗天龍寺の境外塔頭。山号洪隠山。ご本尊、阿弥陀如来、開山は行基、中興開山は夢窓疎石。

1977年から一般拝観を中止(往復はがきでの事前申込み)、さらに拝観に際しては、原則、写経などの行事参加が条件となっています。

 

拝観料はお一人さま3,000円(以上)ですが、苔のお庭を拝見するだけであれば、かなりお高いものではないでしょうか。苔のお庭を楽しむのであれば、他にも多くの神社仏閣があります。

 

ご住職さんの説法・般若心経の唱和や般若心経の写経を本尊に奉納いただけることから、お布施の意味合いがあり、いわゆる「観光寺」の風潮がある京都観光の中で同寺のスタンスは同感できる方も多いものと思います。

ただし、たとえ観光寺であっても参拝する方の心の持ちようであることには変わりはありません。

 

秋の長雨、雨上がりの翌日、特に苔が映えます。心穏やかに楽しむことができるお庭です。

少し紅葉の気配ですが、寒暖の差が広がるにつれて、秋色を濃くしていくことでしょう。

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内