奈良依水園 後園の紅葉

依水園(いすいえん)。奈良市にある若草山や東大寺南大門などを借景とする池泉回遊式庭園(日本庭園)。国の名勝に指定。

 

前園と後園の二つに分かれ、前園は寛文12年(1673年)に晒職人、清須美道清の作庭で、茶室「三秀亭」がシンボル。

後園は明治時代に実業家関藤次郎が築いた築山式の池泉回遊式庭園で、作庭は京角倉家に生まれの裏千家十二世又妙斎((ゆうみょうさい)宗室。

 

昨年12月には、又妙斎の百回忌法要が大徳寺聚光院で営まれました。京都茶坊主に縁のあるお庭です。

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内