西国三十三ヶ所 岐阜「華厳寺」

華厳寺(けごんじ)は、岐阜揖斐川町にある天台宗のお寺。 延暦17(798)年創建 。山号は谷汲山(たにぐみさん)。 本尊は十一面観音、脇侍として不動明王と毘沙門天を安置。

西国三十三所第三十三番札所、満願結願の寺院で桜、紅葉の名所で、西国三十三所の札所では唯一、近畿地方以外にあります。

 

巡礼は、古くから日本人が親しんできた、霊場を訪ね歩く「心の旅」。

聖地を巡りながら、人情の厚さに涙したり、自分の弱さを痛感したりと、その世界に触れれば必ず″何か″が感じ取れるという「心の旅」です。

広い境内には巡礼の満願・結願の地として厳かな雰囲気があり、巡礼を終えた者のみが知ることが出来る喜びに満ち溢れています。

 

一般参拝客らもその雰囲気に引き込まれる趣きがあるお寺です。

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内