天龍寺の紅葉の錦

天龍寺。臨済宗天龍寺派大本山の寺。世界遺産。吉野で没した後醍醐天皇の霊を鎮めるため、夢窓国師を開山として、足利尊氏が亀山離宮を禅寺に改めたのが寺の創始と云われています。

足利義満により京都五山の第一位に格付け。因みに五山の上は、南禅寺。 

 

方丈の前にある「曹源池庭園」の眺めは、今が紅葉の錦です。