· 

春を呼ぶ花もフライング

座禅草。高島弘川の群生地では、例年は2月下旬から3月にかけて、僧侶が座禅をしているように見える赤紫色の花を咲かせます。

開花する際に肉穂花序(にくすいかじょ)で発熱が起こり約25℃まで上昇するため、周囲の氷雪を溶かし、いち早く顔を出すことで、春一番、湖西地方に春の訪れを告げてくれます。

 

暖冬の今年は、春が来るか心配です。