Posts tagged with "二十四節気(冬)"



Story · 2021/02/03
彦根城。 築城から410年を過ぎた彦根城は、国宝の天守のほか、天秤櫓や西の丸三十櫓など数多くの櫓が残る名城。JR彦根駅から城の外堀の外周道路を走ると4.6kmでほぼ平坦なジョギングコースとなっています。 徳川四天王の一人に数えられ彦根藩の藩祖、井伊直政を育てた遠州井伊谷の女領主・井伊直虎を主人公としたNHK大河ドラマ物語で彦根城の人気も定着しました。...
Story · 2021/01/24
春日大社「藤浪之屋(ふじなみのや)」の灯篭。春日大社の北回廊沿い、本殿のすぐそばの位置にある小さな部屋で、江戸時代までは神職の方の詰所として用いられた建物です。...

2021/01/24
興福寺(こうふくじ)。奈良登大路町にある法相宗大本山。南都七大寺の一つ。古代から中世にかけて強大な勢力を誇ったお寺です。 *********************************** ●興福寺、法相宗大本山、南都七大寺の一つ ●ご本尊:釈迦如来さま ●藤原氏の藤原氏の祖・藤原鎌足とその子息・藤原不比等ゆかりのお寺...
春日大社の使いの野生の鹿たち 京都観光タクシー 英語通訳ガイド 永田 信明
Story · 2021/01/24
春日大社(かすがたいしゃ)の祭神、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)は鹿島神社(茨城県)から神鹿(しんろく)に乗ってやってきたと伝わるため、鹿は神の使いとして古くから手厚く保護、 現在も奈良の鹿は天然記念物。 本来、野生ですが観光客からもらう「鹿せんべい」の餌付けにより、ペットのような感じもします。...

大きな大きな大仏さま 奈良東大寺 京都京都観光タクシー 英語通訳ガイド 永田 信明
Story · 2021/01/24
東大寺。華厳宗大本山。 奈良時代には中心堂宇の大仏殿(金堂)のほか、東西2つの七重塔を含む大伽藍が整備されるも、中世以降の戦火で多くの建物を焼失。 現存する大仏さまは、台座などの一部に当初の部分を残すのみで、大仏殿は江戸時代の18世紀初頭(元禄時代)の再建。...
井上靖の小説「天平の甍」(遣唐使船)平城宮跡歴史公園 京都観光タクシー 永田信明
Story · 2021/01/24
遣唐使船。唐は618年~907年まで中国大陸統一王朝。 全盛期には大陸の西方の砂漠地帯まで支配していたとされ、現在の中国の「一帯一路構想」を実現していた超大国。...

奈良時代の東塔(国宝)と昭和時代の西塔 後世に残したい日本の伝統業(わざ) 京都観光タクシー 永田信明
Story · 2021/01/23
薬師寺(やくしじ)。藤原京に天武天皇9年(680年)が皇后(持統天皇)の病気回復を願って建立。 天武天皇の死後、その遺志をついで持統天皇が697年に完成。...
コロナ禍 国の安穏を祈願し大和三山に祈願 京都観光タクシー 永田信明
Story · 2021/01/23
天香久山(あまのかぐやま)。天から降りてきた神聖な山として昔から崇められているお山。 壬申の乱が終わり、ようやく世の中に平和が戻ったころ、夫である天武天皇を亡くした女性天皇・持統天皇は、その遺志と国家事業を継承。 このお山には『古事記』にまつわる古社がいくつも鎮座。 ・北麓には占いの神を祀る「天香山神社」...

歴史を積む奈良の代表的なお寺 京都観光タクシー永田信明
Story · 2021/01/22
唐招提寺(とうしょうだいじ)。奈良五条町にある中国唐の僧侶鑑真が建立(759年・天平宝字3年)したお寺。 聖武天皇の招きに応じて、多くの苦難の末に来日した唐の高僧・鑑真和上、その業績と名声を通じ、日中平和友好条約(1978年)の成立など国際関係の発展にも寄与、高く評価されています。...
夕暮れの法隆寺 鐘の音が響きます。京都観光タクシー (英語通訳ガイド)永田信明
2021/01/21
法隆寺(ほうりゅうじ)。7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える聖徳太子ゆかりのお寺(太子建立の7カ寺の一つ)。 金堂、五重塔を中心とする現存する世界最古の木造建築物の西院伽藍と夢殿を中心とした東院伽藍があります。 境内も広く、建造物以外にも、飛鳥・奈良時代の仏像、仏教工芸品など多数の文化財を保有しています。...

Show more