山里桜のエピローグ

常照皇寺。臨済宗天龍寺派の禅寺。光厳(こうごん)法皇によって貞治(じょうじ)元年(1362年)に開かれ、歴代天皇の帰依を得た皇室ゆかりのお寺。歴代天皇の位牌も安置されています。

国の天然記念物の「九重桜」をはじめ、御所から株分けしたといわれる「左近の桜」、一重と八重が一枝に咲く「御車返しの桜」など名木でも有名です。境内までの山道はやや険しいですが、その分、禅寺の雰囲気があるお寺です。

 

京の桜前線も最終章となりました。今が満開。近くの福徳寺、魚ヶ渕のつり橋、百年桜などもお奨めです。