妙心寺 東林院沙羅の花

東林院。臨済宗妙心寺派大本山の妙心寺塔頭。本堂前庭の十数本の夏椿が6月15日から30日まで「沙羅の花を愛でる会」で特別公開。お抹茶付きで1,600円・・・とややお高いですが、「拝観料5百円+お抹茶5百円+指定席料金?」の感じでしょうか。大勢の方で愛でては風情がありませんので納得。でも、お布施をお収める方が気持ちはいいです。

 

このお寺は宿坊で、西川住職さんは精進料理で徳をつむお坊さんでもあり、宿泊すると精進料理や料理教室も楽しめます。精進料理は毎日の食事でも飽きのこない淡い味付けとなっています。メリハリの利いた味に馴染んでいる現代人には、逆に飽きがくるかもしれません。食も修行の内と云うことのようです。

ちなみに、妙心寺門前には御用達の精進料理店「阿じろ」もあります。

 

宿坊での精進料理のお食事に加え、翌朝のお勤めも良い体験です。

門前の紫陽花がきれいです。沙羅双樹の花は心に焼き付けました。

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内