天狗の里 鞍馬寺

京都観光タクシー英語ガイドツアー
新春の大雪で折れてしまった天狗の鼻も修復、補強済み

鞍馬弘教総本山。山号は鞍馬山。開基は鑑真の高弟鑑禎(がんてい)。本尊(尊天)は毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体。

市街から鞍馬街道を北上すると、そこは鞍馬天狗の山里。

市内から車で30分程度と案外近いところに山々に囲まれた自然があるところが京都の魅力です。

 

この天狗の里では処暑を過ぎる頃から朝晩には秋虫がちらほら鳴き出し、中秋の名月(十五夜)に向け、日に日に大きくなります。お月見の準備もそろそろ始めることにしましょう。

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内