仏さまと向き合える法金剛院

法金剛院(ほうこんごういん)。花園にある律宗のお寺。山号、五位山。ご本尊は阿弥陀如来。開基は待賢門院( たいけんもんいん)。境内には現存する浄土式庭園で、その一隅にある青女の瀧は日本最古の人工滝とされ、国の特別名勝に指定。

 

この地の起源は平安時代の初め、時の右大臣の清原夏野(きよはらのなつの)の山荘に遡ると伝えられています。清原夏野の墓とされる地は、近くの双ヶ丘(ならびがおか)の一ノ丘にあり、また、待賢門院の陵墓(花園西陵)は、双ヶ丘の東脇にあります。

 

夏の蓮の花で知られるお寺ですが、池の蓮も姿を消し、お庭は紅葉で染まり静寂な雰囲気を漂わせています。

 

仏殿にはご本尊の「阿弥陀如来坐像」をはじめ「十一面観世音菩薩座像」、「厨子」など多数の仏像が安置されています。是非、正座の上、心静めてお経を唱えお参りください。