天龍寺の春の花

天龍寺。臨済宗天龍寺派の大本山。足利尊氏が後醍醐天皇の霊を慰めるため、1339年(暦応2)夢窓国師を開山として創建。室町時代には京都五山の第一位 。方丈には藤原時代の釈迦如来坐像を安置。

当時の原型を残す曹源池庭園は夢窓国師の作庭。曹源池を囲む回遊式の庭には春の花が咲いています。

 

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内