今後も時を刻む近江神宮

近江神宮。皇紀2600年を記念して1940年(昭和15年)に天智天皇を祭神として創祀。

歴史は新しい琵琶湖の南、大津市に鎮座する神社ですが、天智天皇(中大兄皇子・なかのおおえのおうじ)は小倉百人一首の第一首目の歌人としても有名な平安王朝の太祖。

 

境内には、百人一首の札や歌碑があります。

 

また、天智天皇が日本で初めて水時計(漏刻)を設置した歴史から境内には各地の時計業者が寄進した日時計などを設け、時計館宝物館を境内に併設しています。

 

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内