三輪素麺の里 桜井市三輪

三輪素麺の里。いまから千二百余年を遡る昔、三輪山の神話に語られる神がもたらした絶品保存食。

日本の麺食文化のルーツを遡れば、そうめんに至り、そうめんの歴史を遡れば、大和の国の三輪(奈良県桜井市)で生まれた手延べそうめんに至るとのこと。

その製法は播州、小豆島、島原へと伝わり、日本を代表する伝統食となりました。 

 

夏の納涼には「そうめん」が喉越しがよく、食欲が落ちる時期にはうってつけです。

 

また、「にゅうめん」は「煮麺」。温かいそうめんで、奈良の郷土料理。

ご当地では晩秋の頃からそうめんをさっと煮たてた「にゅうめん」が食べられています。

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内