· 

永きに渡り鎮座「飛鳥大仏」さま

Nobusan京都観光ツアー

京都観光タクシーで巡る英語ガイドによるご案内 

飛鳥寺。蘇我氏により建立された歴史のあるお寺。588年、聖徳太子とともに仏教を崇拝し政治に取り入れようと尽力した蘇我馬子(そがのうまこ)が建立を願い、8年後の596年に創建。
ここの仏さまは今から1400年以上前から一度もそこを動かず鎮座し続ける「飛鳥大仏」。今まで人々の安穏を願って座り続けています。


***********************************

飛鳥寺
真言宗豊山派 
●開山 蘇我馬子 
●開創 6世紀末頃 
●ご本尊 釈迦如来(飛鳥大仏、重要文化財)

●寺歴 推古4年(596)、仏教を保護した蘇我馬子の発願により日本初の本格的寺院として建立。現在の本堂は江戸時代に再建。ご本尊の銅造釈迦如来坐像(重要文化財)は創建時、飛鳥時代の作で日本最古の仏像。お寺の西側には蘇我入鹿の首塚と呼ばれる五輪塔もあります。